dadawije_bu.bmp

上海物語「着く」

2日開けてしまいました。

では前回からの続きです。


まったり行きます。



---- - -- --- -- ----- --- - --
--- - -- - -


バスは、揺れる。


上海の道がデコボコだからだろう。



でも心なしかそれ以上、揺れているように思える。






バスは茶色いどぶ川を過ぎ、
虹橋路(ホンチャオルー)と呼ばれる大きな道に出る。

思ったより自転車は少ないない、な。
テレビで見るような自転車の大群ではない。
まぁ乗ってる人の年齢の幅は広いけど。


バスを待つ人。
早足で歩く人。
鼻をほじる人。

隣の男の子の寝顔と窓の外をとを交互に見る。
寝息の中、慌ただしい上海の町をみていると
時間が狂いそうだ。

ちょっとクラクラしながらもバスは右へ曲がる。
虹梅路(ホンメイルー)、だ。

人通りはほんの少し少なくなり、
それでも忙しい空気は消えていない。


道をまっすぐ行く。
家、店を繰り返すと、また右に曲がる。

小さい道。
車が2台ギリギリ通れるくらいだ。



そう、目の前は上海日本人学校。



緑、茶色、青。
たくさんの色のバスに僕達のバスは溶け込む。






でも、どうも僕の緊張はそこに溶け込みそうになかった。

あぁ、学校が始まるんだ。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32930816

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。